世界卓球2022 韓国と中国代表メンバー(団体戦)in世界選手権成都大会

2022年世界卓球選手権成都大会(団体戦)が9月30日から開催されます。同じアジアの韓国代表と中国代表のメンバーが気になるという卓球好きが数多くいますね。世界卓球選手権成都大会2022、団体戦の韓国代表と中国代表のメンバーを確認してみましょう。

【2022年】世界卓球選手権成都大会(団体戦) 韓国代表と中国代表メンバー

2022年世界卓球選手権成都大会(団体戦)、韓国代表と中国代表のメンバーは下記の通りです。

中国男子

樊振東
馬龍
梁靖崑
王楚欽
林高遠

中国女子

孫穎莎
陳夢
王曼昱
王芸迪
陳幸同

韓国男子

張禹珍
安宰賢
趙勝敏
趙大成
HWANG MINHA

韓国女子

田志希
リー・ジオン
金可英
金娜英
YOON HYOBIN

日本男子

戸上隼輔
張本智和
及川瑞基
横谷晟
丹羽孝希

日本女子

伊藤美誠
早田ひな
長﨑美柚
木原美悠
佐藤瞳

2022年世界卓球選手権成都大会(団体戦)、韓国代表と中国代表のメンバーは上記の通りです。日本代表のメンバーも記載してみました。ちなみに、丹羽孝希選手はインフルエンザの為、欠場。日本男子は団体戦メンバー4人で挑むことになります。

中国代表メンバーを見てみると、強者揃いですよね・・・。男子ですと樊振東選手と馬龍選手は世界トッププレイヤーで安定の強さ。梁靖崑選手や王楚欽選手に林高遠選手も他国の選手に比べてかなりレベルが高い選手たちです。

正直、日本男子が中国男子に勝つのは相当難しいでしょう。少しの可能性としては、張本智和選手が2本なんとか取れて戸上隼輔選手が1本取れれば・・・といった感じではないでしょうか?

中国女子も世界トップに君臨する孫穎莎選手に王曼昱選手。ベテランの陳夢選手もいますし、王芸迪選手と陳幸同選手も普通に強いです。

日本女子も中国に勝つのは正直難しいところではありますが、日本男子よりはまだ可能性があるかと思います。伊藤美誠選手と早田ひな選手の活躍次第ではワンチャンあるでしょう。

韓国代表メンバーを見てみると男子は張禹珍選手、女子は田志希選手辺りが要注意人物になってきそうですね。日本は男子と女子と共にいつもの実力が出せれば韓国には勝利出来るかと思います。

しかし、世界卓球は何が起こるかわからない大会。油断せず、いつも通りのプレイが出来るように日本選手には頑張ってほしいですね!

世界卓球選手権成都大会2022、団体戦の韓国代表と中国代表のメンバーをしっかり把握し、結果速報と組み合わせトーナメント表にも注目しておきましょう!!

<関連記事>
世界卓球2022団体戦 結果速報と組み合わせトーナメント表(男子と女子)in世界選手権成都大会
世界卓球2022団体戦 日程と出場選手(男子と女子)in世界選手権成都大会
世界卓球2022団体戦 放送予定(ライブ配信とテレビ放送)in世界選手権成都大会
世界卓球2022 各国代表メンバー(男子団体戦)in世界選手権成都大会
世界卓球2022 各国代表メンバー(女子団体戦)in世界選手権成都大会
世界卓球2022 中国と日本の団体戦メンバー!石川佳純と平野美宇は代表権獲得ならず!in世界選手権成都大会
世界卓球 団体戦のルール~世界選手権~
世界卓球選手権の歴代優勝者(男子と女子)~シングルスとダブルスと団体戦~
世界卓球2022団体戦 決勝戦の結果速報!(男子と女子)in世界選手権成都大会

ページ上部へ戻る