卓球 上田仁のオーバートレーニング症候群の症状!サッカー選手にも多い!?

卓球の上田仁選手がオーバートレーニング症候群になりその症状はどんな感じなのか?卓人は気になるかと思います。また、サッカー選手にも多いと言われている病気で、その理由も気になるところ。卓球の上田仁選手のオーバートレーニング症候群の症状とサッカー選手に多い理由を確認していきましょう。

【卓球】上田仁のオーバートレーニング症候群の症状とサッカー選手に多い理由

まず、卓球の上田仁選手のオーバートレーニング症候群の症状ですが、うつ病,気力低下。精神的な症状です。

オーバートレーニング症候群には身体的な症状と精神的な症状とあります。精神的な症状としては先ほど記載したうつ病や気力低下の他に不眠や不安、焦りなどが挙げられます。

身体的な症状としては慢性的な疲労や動悸,息切れ、胸の痛み、食欲低下、手足のしびれ、微熱、体重の減少など。

オーバートレーニング症候群は身体的な疲労が回復する前に積み重なり、身体が慢性的疲労状態に陥ること。

冒頭でサッカー選手に多い病気とお話ししましたが、サッカーの試合は前半45分,後半45分の90分間。さらに延長戦になることもあり、長時間の試合。

サッカー選手は90分間で全力疾走やハーフダッシュ,ジョギングなどを切り返し行います。これを連続して行なっている為、ほぼ休みがない状態。なので、オーバートレーニング症候群になりやすいを言われています。

サッカー選手だけでなくスポーツ選手全般に言えることですので、日ごろから厳しい練習を長時間繰り返し続けている選手は要注意というわけですね。

どの競技でも上手くなる為にはたくさん厳しい練習が必要。しかし、限界を超えてしまうと身体を壊したり病気になったりします。ですので、スポーツ選手には休息もトレーニングの一環だということを肝に銘じてほしいところ。

オーバーワークは避けるようにしましょう!!

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る