卓球 テナジー19の重量,厚さ,硬度などの基礎情報!重さはテナジー05と一緒!?

バタフライから発売された卓球ラバー、テナジー19。重量,厚さ,硬度など基本情報を確認していきたいと思います。テナジー19が気になっている人はしっかり把握しておきましょう。

【卓球】テナジー19の重量,厚さ,硬度

卓球ラバー、テナジー19の基礎情報、重量,厚さ,硬度などは下記をご覧ください。

<テナジー19>
発売日:2021年3月1日
スポンジ硬度:36
スポンジ厚:特厚、厚、中
重量:テナジー05とほぼ同じ

重量に関してはテナジー05とほぼ同じと言われています。テナジー05特厚をシェークの標準ブレードサイズにカットした場合、45g前後ぐらいとなるのでこの数値がめあすになるかと思います。

厚さに関しては特厚が2.1mm,厚が1.9mm,中が1.7mmがめあすとなります。(バタフライ製品の厚さ)

スポンジ硬度は36度なのでテナジー05と同じ。しかし、粒形状の関係でテナジー19の方が食い込みがよくなっています。

スピンスピード性能の比較は下記の通り。

<テナジー19>
スピード:13.2
スピン:11.7
<テナジー05>
スピード:13
スピン:11.5

スピード,スピンと共にテナジー19の方が基準値が上ですね!テナジー05が高性能ラバーと言われていて大人気ですので、それを上回る性能。凄いラバーの誕生です。

テナジー19の特徴はスイング通りに球がいく部分。状況に応じてしっかりスイングでき、その通りの球がいってくれるのが好みのプレイヤーにおすすめ出来るラバーです。

ただし、当然テナジーということで単純に弾む,飛距離が出るラバー。ボールタッチなど感覚が身についてないとオーバーミスが増えたり台上で球が浮いてしまったりします。ですので、中級者以上におすすめ出来るラバーと言えるでしょう。

学生ならば県大会出れるかな~ぐらいのレベルになったら挑戦し始めてよいかもしれませんね。

卓球ラバー、テナジー19の重量,厚さ,硬度などの情報をしっかりチェックし購入するようにしましょう!

また、試打レビューもありますのでそちらもご覧ください。是非、参考に!!

<関連記事>
卓球 テナジー19を試打レビュー!ロゼナとの比較!
卓球 テナジー19のレビュー評価!テナジー05と比較して威力up!?
卓球 テナジー19の値段!最安値で買えるネットショップを要チェック!
卓球 テナジー19の寿命と価格!似てるラバーは◯◯だ!!

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る