卓球の水谷隼がハマる!?高級会員制ラウンジとはどんな場所?

卓球の水谷隼選手が高級と言われている会員制ラウンジに足を運んでいたと話題になっていますね。卓球の水谷隼選手が行った高級会員制ラウンジとはどんな場所なのか?この場所について普通のお店との違いを確認していきたいと思います。

卓球の水谷隼が通ってた高級会員制ラウンジとはどんな場所?

卓球の水谷隼選手が足を運んでいた都内の会員制ラウンジ。ラウンジとはどういう場所かご存知でしょうか?キャバクラやクラブと同じ夜の飲食業ですが、会員制にしている高級店が多いのが特徴。タレントやモデルの卵など接客する女性のレベルが高いわけです!

もう少し詳しくラウンジという場所について、キャバクラやクラブとの違いを見ていきましょう。

男性は誰でも入店出来ない!(会員制)
女性はドレスの着用が義務とされていない
女性は過度な接客サービスをしない
女性にノルマなし

キャバクラやクラブのように女性は男性に接客をする感じではなく、ラフな雰囲気の場所。なので、仕事の接待向きの場所ではありませんね。完全にプライベートで利用する場所となります。

キャバクラやクラブのような仕事的な接し方をする場所ではない為、出会いの場だったりもします。その為、限定されたハイスペックな人達ばかりが利用できるわけです。例えば、社長や会社役員。有名企業に勤めている人や医者や芸能関係、有名スポーツ選手などなど。

年収や社会的地位がある男性が会員になれる場所で年収1000万以上の男性ばかりがいるというわけです。

ですので、高級会員制ラウンジで働く女性はかなりハイスペックでないと採用が厳しいとのこと。面接時にルックスやステータスを審査され、そこそこのルックスではNG。西麻布,恵比寿,六本木などの有名店となると20~30人に1人のレベルで採用という厳しい審査との話もあったりします。

女性が高級会員制ラウンジで働きたいと思うのには大きく2つの理由があります。1つは給料が高いこと。もう1つは出会いがあること。単純にハイスペック男性と出会えるのですから、女性からしたらかなり魅力的ですよね。

出会いの目的は恋愛,愛人関係,パパ活など人それぞれ。男女の関係を築きやすい場所と言えます。

キャバクラやクラブと違い高級会員制ラウンジは自由さがあります。ですので、男女の関係に発展しやすい場所。そういうのを目的で利用している男性,女性が多いことでしょう。

女性からすれば自分に貢いでくれるお金持ちの男性と知り合いになりたいと思うはずですし、男性からしたら綺麗な人と遊んだりデートしたりしたいと思うはず。お互いに利害が一致するわけです。

もちろん、日ごろの疲れやストレスなどがあり息抜きで利用する人もいるでしょう。または友達との連れ添いで行くなど!卓球の水谷隼選手はそのパターンだと思います。

とある日に来店した時は知人男性と4人で行ったそうで、席に着いて直ぐに新聞を読み始めたそうですから!卓球の水谷隼選手は「こういう店にあまり来ないから緊張して」と話していますしね!

卓球の水谷隼選手なんかは出会い目的で足を運んだのではなく、友人の連れ添いで軽い気持ちで足を運んだのでしょう。しかし、ハイスペックの女性から好意的に接されると夢中になってしまうのはしょうがない部分かもしれませんね・・・。

卓球の水谷隼選手が高級会員制ラウンジに勤めていた女性と色々問題になったとニュースで話題になっていましたが、どっちも悪い!と多くの人が感じているのではないでしょうか?

卓球の水谷隼選手は奥さんも子供もいるので、息抜きでお店に遊びに行くぐらいならよいけど、あるラインを越えてはマズイ。つまり、本気になってはいけないのに本気になってしまったのはアウト。

逆に女性の方は卓球の水谷隼選手が離れないよう、キープする為に必要以上に好意的に接したのが悪いですよね。しかも、奥さんと子供がいるのを知っているわけですから。女性の言い分としてはお店の人から「有名人やお金持ちのお客さんは必ずキープして」と言われていたのでそうしたとのこと。

離れないようにキープしつつ、自分に対して本気にならないように接していくというのは非常に難しいですからね。ハグやキスをした卓球の水谷隼選手は勿論悪いですが、自分に夢中になるように仕向けた女性も悪い。

どっちもどっちと言ったところでしょうか・・・。

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る