卓球 張本智和はうるさすぎ!?うるさい声の批判に対して物申す!

卓球の張本智和選手、急成長し活躍していますよね!そんな張本智和選手の声がうるさすぎ!と批判の声がネット上などで多々見かけます。うるさい声の批判に対して、卓球経験者の考えをここでは述べていきたいと思います。うるさすぎの声はダメなのか?うるさい声はプレイで重要だったりするのです。

【卓球】張本智和のうるさい声について!うるさすぎはダメなの!?

卓球の張本智和選手のうるさい声、恐らく、批判している人は卓球未経験者が多いのでは?と思います。卓球を真剣に打ち込んできた経験者であれば、うるさすぎと言われている声に対して何とも思わないでしょう。

というのも、卓球の大きな大会に行けば何人もの人が張本智和選手並みに声を出したりしています。地域の小さな大会でさえもガッツリ声を出している人がいるわけです!張本智和選手は若くしてあそこまで活躍している為、メディアの目にとまり、大きく報道されていますよね?そして、声に対してうるさすぎと多くの批判があるわけです。

張本智和選手ばかりに目が行きがちですが、他の多くの卓球選手もうるさすぎ!と言われるぐらい声を出していますからね。うるさい声に関しては卓球選手にとって必要だったりするわけです。

大きな声を出すことでモチベーションやプレイの質が上がったり、緊張を和らげたりと。うるさい声は勝つ為に必要!という卓球選手が多くいます。それを声がうるさい!と批判され全力で声を出さないようにセーブしながら試合に挑むとなると・・・「自分の調子が上がらなくなり、試合でよいプレイが出来なくなる」に繋がりかねません。

プロの卓球選手はお金,生活の為にも勝たなくてはいけないのです。となると、全力でプレイするのは当然。その全力プレイにうるさすぎる声が必要な選手は制御せず、思い切り出した方がよいと感じます。

確かに、うるさい声に対して不快に感じる気持ちはわからなくはないです。しかし、一生懸命勝つ為に戦っている選手のことを考えて大目に見てほしいところ。

うるさすぎ!うるさい声が不快!と切り捨てるのではなく、それほどまでに頑張っているんだと応援してあげてほしいですね!

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る